目黒区に対応しているポスティング業者紹介の目黒区ポスティング.com|目黒区の歴史

「目黒区ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

目黒区あれこれ

目黒区の歴史

目黒区の歴史の写真

 先史・原始時代

目黒区には、約1万6,7千年前の先土器時代からすでに人類が住んでいたと考えられます。約1万2千年前の縄文時代の遺跡は、東山・諏訪山・油面・目黒区不動・富士見台・柿の木坂遺跡など40数ヶ所で発見されました。

やがて東国支配が始まり、大化の改新から奈良時代にかけて武蔵の国となり、目黒区は武蔵の国21郡のうちの荏原郡に属します。この頃目黒区附近では馬牧が盛んに行われ駒場、駒沢、馬引沢などの馬にちなんだ地名も残っています。目黒区の「め」は馬を、「くろ」は畔を表し、馬牧の周囲のあぜ道のことで馬の牧からおこった地名であると、いわれています。

 鎌倉・室町・戦国時代

鎌倉幕府が成立すると、目黒区地域には目黒区弥五郎という武士が源頼朝に仕えていたことが記録に残っています。この頃鎌倉へ通じる道として、荘園から荘園へ、八幡宮から八幡宮へと結んだといわれる道が、「鎌倉道」「鎌倉街道」と呼ばれました。目黒区内を通っていた鎌倉道は、「中つ道」と呼ばれ、「下つ道」「上つ道」とともに幹線道路でした。

やがて室町幕府が成立し、大田源七郎・島津孫四郎らが目黒区の領主になり、14世紀には関東管領の上杉氏、さらに小田原北條氏の勢力化にあった吉良氏が碑衾地域を領し、東光寺、法華寺(円融寺)などを保護、原野の開発を進め集落が発達しました。

 江戸・明治時代

徳川家康が江戸に入府後、目黒区地域は荏原郡に属し、三田、上目黒区、中目黒区、下目黒区、碑文谷、衾の六か村に分かれ、目黒区の地域は将軍の鷹狩の場となり、落語の「目黒区のさんま」の話も生まれています。

目黒区不動は将軍、江戸庶民の信仰を集め、門前町が賑わったといわれます。江戸の発展に伴って近郊目黒区の地域は、激増した武家や商工人の消費生活をまかなう野菜の供給地として江戸の町と密接なつながりを持ちつつ発展します。幕末には駒場野の鷹狩場はしばしば幕府の軍事調練や砲術訓練の場となりました。

慶応3年(1867)徳川慶喜の大政奉還により目黒区を含む地域は武蔵県となり、近代日本の幕が開かれ、明治2年品川県に、明治4年東京府の管轄となり、明治11年には荏原郡に属することに。明治7年に八雲小学校、続いて菅刈・下目黒区・碑小学校が設置され、明治22年に六か村が目黒区村、碑衾村の二村に統合されました。明治26年人口は目黒区村3701人、碑衾村3245人で農家が大部分でしたが、明治29年、ビール工場が、40年に競馬場が 開設され、都市化への発展のいとぐちが開かれました。

(目黒区資料提供)